BIツール導入:事前に検討すべき6つの事項

ビックデータやAI・機械学習が盛んに活用されはじめ、多くの企業でデータ利活用への関心が高まってきました。しかし、BIツールを導入する企業が増えている一方で、ツール導入に失敗してしまう企業様もいらっしゃるようです。

失敗の事例として

  • 導入したけれど、何をするか決まってなくて結局使われてない。
  • グラフ作成が難しすぎて、社内に普及しなかった

などがあります。

こんな失敗を減らせるように、事前に検討しておくべき6つの事項を以下に記載いたします。導入しようか悩んでいる人は、読み終わったあとに情報を整理してみてください。いま検討を進めている方は、問題ないかチェックしてみてください。

 

事前に確認するべき6つのポイント:

①導入理由や目的について具体的になっているか

②何を分析するか・どこにデータがあるか分かっている

③ツールを利用する人(作成者・確認する人)の環境を想定している

④使用する場所やシチュエーションを想定している

⑤どのように使うかを想定してる

⑥最低限に必要な機能を洗い出している

 

事前に確認するべきポイント①

 導入理由や目的について具体的になっているか

とりあえず導入したものの、目的がないため誰も使わないというケースがあります。また、目的が曖昧なまま導入して、既存のツールと住みわけが出来ず混乱するケースも。
何を達成するために導入するのか、具体的に決めておきましょう。効果を計るために、定性的な時間を計っておくことも効果的です。

Ex)

  • レポート作成に5時間かかっているので、時間を削減したい。
  • 販売データを分析して売上アップにつなげたい
 

事前に確認するべきこと②

 何を分析するか・どこにデータがあるか決まっている

なんのデータを使用するかを事前にまとめて、環境をチェックしておきましょう。新たにデータを可視化する場合にツールにデータベースが繋げない場合があります。
事前にデータがどこにあり、それがBIツールに接続ができるのか確認しましょう。

 

事前に確認するべきこと③

 ツールを利用する人の環境を想定している

帳票作成者が専任なのか、そうじゃないのかで必要な機能が変わります。専任であれば高度な機能があると便利ですし、そうじゃなければ帳票が作りやすい方が好まれます。
プログラムや機能の学習に時間がかけられない場合には、複雑な機能があるツールは避けたほうが良いですね。

 

事前に確認するべきこと④

 使用する場所やシチュエーションを想定している

ツール毎に、デスクトップで使用するもの。ブラウザで使用するもの。 スマホで確認できるものなど特徴が変わってきます。複数で使えるものもあれば、1個だけの場合もあります。
例えば、経営層の方で忙しいからスマホで見たいという場合があります。また使用するシチュエーションによって変わる場合もあります。個別配布するのか、会議で見るのかなどでも変わってきます。

 

事前に確認するべきこと⑤

 どのように使うかを想定してる

目的が、定例分析なのかアドホック分析かでも用途が変わります。アドホックに分析したい場合は、簡単にグラフ化できるツールを選ぶといいでしょう。
また定期報告用のフォーマットが固まっている場合には、必要なグラフが作成できるか事前に確認しましょう。

上記で整理したことを一度整理してみましょう。必要な要件の概要が見えてきます。

Ex)(イメージ図)

誰が 経営層 部門責任者
何のために 全体の売上把握会議 部門のKPI管理
どこで 会議室 ディスプレイ
どのくらいの頻度 週次 リアルタイム
 

事前に確認するべきこと⑥

 最低限に必要な機能を洗い出している

最後に、上記①~⑤を振り返って最低限必要な機能を洗い出しましょう。欲しい機能がすべて詰まっているツールもあると思いますが、予算を超えてしまう場合もあります。
予算感にあう適当なツールを選択するのではなく、最低限必要な機能は抑えるようにしましょう。

<必要な機能>

  • データ抽出・加工
  • ドリルダウン機能
  • データマイニング機能
  • ノンプログラミングでグラフが作成できる
                     etc

<確認するデバイス>

  • デスクトップ
  • ブラウザ
  • スマートフォンアプリ
 

最後に

最後までご確認いただきましてありがとうございました。
上記のチェック内容について、いくつ検討ができていたでしょうか。導入までに検討をして、導入の失敗を極力防ぎましょう。
これから検討を始める方は、チェックリストも用意しましたので以下フォームにご入力の上ダウンロードしてみてください。

ご担当者氏名 (必須)

御社名 (必須)

部署(必須)
- -

メールアドレス (必須)

ライバシーポリシーの利用目的に同意する

個人情報利用目的等通知書

当社は、「分析で社会を豊かに」を企業理念として、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。 また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。

  1. 当社はデータ分析等に関する事業、並びに従業員の雇用、人事管理等において取扱う個人情報について、適切な取得・利用及び提供をし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の目的外利用を防止するため、必要な対策を講じる手順を確立し、 実施し、維持します。
  3. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  4. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  5. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  6. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

 

【個人情報に関する苦情・相談窓口】 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢484-1 藤沢アンバービル4階 株式会社分析屋 個人情報相談窓口 メールアドレス:privacy@analytics-jp.com TEL:0466-90-3288 (受付時間 月曜~金曜 9:00~18:00) FAX:0466-90-3289

×

Notice of the Purpose of Use of Personal Information

For Candidates

Tricor K.K.
Personal Information Protection Manager
Naoto Kira, Managing Director
(Contact: Same as for Inquires)

 

This is to notify the purpose of use of personal information to candidates of employment. Please consent to the notice and apply for the position.

1. Acquisition, store and use of personal information
Our company shall use candidates’ personal information only for the purpose of determining employment and making contact.
2. Protection of personal information
Our company shall take the necessary and proper measures for the prevention of leakage, loss or damage of personal information.
3. Provision of personal information to a third party
Other than cases in which the provision of personal information is based on laws, we shall not provide personal information to a third party.
4. Entrustment of personal information
Our company may entrust the handling of personal information to other company.
5. Right of the person concerning personal information
Our company can respond to all of requests for the purpose of use, disclosure, correction of content, addition or deletion, stopping use, erasing, and stopping provision to a third party.
6. Voluntariness of the person’s provision of personal information
The personal information other than full name, address, birth date, sex, history of employment and contact information are voluntary. However, in the case where the information is not provided, we shall not be able to take them into account when determining which candidates to hire.
7. Return or disposal of personal information
In the case where we have to decline your employment, we shall dispose the documents provided in an appropriate manner.
8. Contact for Inquiry
If you would request for the notice of purpose of use, disclosure, correction of content,and stopping of use of personal information or for any other questions, please contact us as below.

 

106-0047
Oak Minami-azabu Building 2F
3-19-23 Minami-Azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan
Tricor K.K.
PMS Management Office
Tel: 03-4580-2700
Fax: 03-4580-2701
Email: privacy@jp.tricorglobal.com

×