IoTデータを活用したサービス創出支援

IoTデータを活用したサービス創出支援を行った事例をご紹介します。センサーデータは取得したが、そのデータをビジネスに活かす方法でお困りの企業様のご参考になるかと思います。サービスの製品化までは長い道のりとなりますが、初期の段階として支援してご提供できたもののご紹介となります。

クライアント業界・業種

建設、不動産

クライアントが置かれていた状況

  • 会社全体としてIoTの推進が命題になっていた。IoTを活用したサービスの創出したい。
  • センサーデータ自体は取得済みである。

クライアントが抱えていた課題

  • サービスの創出とデザイン:センサーデータ自体はとっているが、どのように活用すれば良いのか分からない。
  • 取り組みのための仮説:取得したセンサーデータの分析を通じて、サービスとなる候補を特定できるのではないか。
    • ただし、具体的にどうすればどうしたらいいのか分からない。

課題に対する解決方法

  • IoTにおける顧客満足とは何かを定義し、この定義を起点とし、課題解決を進めた。
    • 「センシングから自動的に機器を制御し、居住者の満足(快適になることの満足・快適をキープ)を得ることである」とした。
  • 取得済みデータとそのデータを取得したデバイスを参考にし、居住者の行動や感情の仮説を洗い出した。次に、それら仮説をもとに、サービス案を検討した。サービス案自体を現状のデータやデバイスのみで実現可能か分からないため、サービス案自体を成り立たせるためのさらなる仮説を設定し、データを用いて検証を行った。なお、当初の前提としては「万人に当てはまるような自動制御の実現」を前提としており、この前提の検証自体も行った。さらには、サービス創出と実現性に向けて各種文献の調査を行い、検討の必要な仮説の確認や、浮き彫りになっていない課題があるかどうかを確認した。

成果

大きく、2つの視点からの成果が考えられる。一つは、新たなサービスの特定できたかどうか。もう一つは、それらサービスを実現するにあたっての課題を特定し、課題解決に向けての筋道を作れたかどうか。

  • さまざまなサービス案を特定できた。実際には、サービス実現にあたり、課題を具体的に特定できたことに大きな成果がある。たとえば、部屋にいるのかいないのか、といった居住者の行動の自動検知は、難しいことが分かった。これが検知できないと、いるいないを元に、居住者に快適性を提供する様々なサービスは、実現できない。
  • 前提としておいていた「万人に当てはまるような自動制御の実現」も、現実的ではないことが分かった。我々の結論としては「個人の感情や感覚を、その人に合わせてチューニングするしかない。人によって感情や感覚のしきい値が異なるため、特定の感情や感覚に対する標準値を用いる方法では、個々に最適なチューニングはできない」ということである。たとえば、温度を最適化がそのような例として考えられる。これら個人のチューニングに対するアプローチとして、機械学習での最適化が一つの答えとなる。
  • 文献調査により、サービスの品質を高めるために必要な要素も特定できた。たとえば、快適な照度を提供する場合にも、光源の色温度が影響するため、両者を考慮した上でサービスを実現することが望ましい。
  • 副次的な成果として、職人の経験を文献による調査データで裏打ちできた。企画側と技術側の認識齟齬が少なくできる効果が見込める。

今後の展望

いずれもデータに関わる取り組みである。どのような種類のデータを、どのような粒度で取得するのかが、サービス化にあたって検討事項となる。

  • 判明した課題を解決するには:たとえば、居住者の在不在のステータスを検出するには、データの追加が望ましい。不十分なデータからの推測が避けられ、サービス品質の向上につながる。
  • 仮説をさらに出すには:データの計測単位を細かくする。荒すぎる計測単位では、居住者の状態変化が起こっていたとしてもデータ上に現れない。

教訓

  • データの粒度と精度が、分析の結果(予測精度)に影響する。センサーデータの活用のためデータをとりあえず集めるにしても、最初の設計が大切になる。テーマを先に決め、そのテーマに即したデータを集める必要がある。
  • データの取得や管理にも専門性が求められる。センサーの稼働状況を把握し、データが適切に取得できているかを確認できるような仕組みが必要である。また、センサーの特性(計測範囲や計測単位等)は導入前に入念に把握しておくことが望ましく、センサーの質がサービス化における制約となる。
  • 膨大なデータから知見を引き出し、そこからサービス化のアイデアを素早く得るには、データの加工や可視化処理の手際の良さが決め手となる。データ加工の技術を用意しておくことが望ましい。

個人情報利用目的等通知書

当社は、「分析で社会を豊かに」を企業理念として、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。 また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。

  1. 当社はデータ分析等に関する事業、並びに従業員の雇用、人事管理等において取扱う個人情報について、適切な取得・利用及び提供をし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の目的外利用を防止するため、必要な対策を講じる手順を確立し、 実施し、維持します。
  3. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  4. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  5. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  6. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

 

【個人情報に関する苦情・相談窓口】 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢484-1 藤沢アンバービル4階 株式会社分析屋 個人情報相談窓口 メールアドレス:privacy@analytics-jp.com TEL:0466-90-3288 (受付時間 月曜~金曜 9:00~18:00) FAX:0466-90-3289

×

Notice of the Purpose of Use of Personal Information

For Candidates

Tricor K.K.
Personal Information Protection Manager
Naoto Kira, Managing Director
(Contact: Same as for Inquires)

 

This is to notify the purpose of use of personal information to candidates of employment. Please consent to the notice and apply for the position.

1. Acquisition, store and use of personal information
Our company shall use candidates’ personal information only for the purpose of determining employment and making contact.
2. Protection of personal information
Our company shall take the necessary and proper measures for the prevention of leakage, loss or damage of personal information.
3. Provision of personal information to a third party
Other than cases in which the provision of personal information is based on laws, we shall not provide personal information to a third party.
4. Entrustment of personal information
Our company may entrust the handling of personal information to other company.
5. Right of the person concerning personal information
Our company can respond to all of requests for the purpose of use, disclosure, correction of content, addition or deletion, stopping use, erasing, and stopping provision to a third party.
6. Voluntariness of the person’s provision of personal information
The personal information other than full name, address, birth date, sex, history of employment and contact information are voluntary. However, in the case where the information is not provided, we shall not be able to take them into account when determining which candidates to hire.
7. Return or disposal of personal information
In the case where we have to decline your employment, we shall dispose the documents provided in an appropriate manner.
8. Contact for Inquiry
If you would request for the notice of purpose of use, disclosure, correction of content,and stopping of use of personal information or for any other questions, please contact us as below.

 

106-0047
Oak Minami-azabu Building 2F
3-19-23 Minami-Azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan
Tricor K.K.
PMS Management Office
Tel: 03-4580-2700
Fax: 03-4580-2701
Email: privacy@jp.tricorglobal.com

×