最新情報

〜 環境構築やコーディングが不要でDRY解析を簡単に実現可能に 〜 3つの特徴 1. 解析環境の構築不要 クラウド環境を利用することで、ストレージ容量を気にする必要がなく、ハイスペックな環境で迅速に処理を実行す ることが … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。DXとマーケティングの関係を考えていくシリーズです。今回は、DXにおけるデジタルサービス開発とマーケティングにおける新製品開発の関係性を考察しました。 DXとマーケティングその22:デジタルサービ … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。DXとマーケティングの関係を探るシリーズの21回目となります。『デザインドフォー・デジタル』というDX書籍をもとに、マーケティングとDXの関係を探りました。今回は、シェアードカスタマーインサイトと … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。DXとマーケティングの関係を探っていくシリーズの20回目となります。今回も、経営の視点からDXとマーケティングがどのように関係するのかを整理していきます。今回は、顧客は何を買うのか? という事業の … 詳しく読む

技術ブログを更新しました。DXとマーケティングの関係を分析するシーリズの19回目となります。今回は、顧客はどこにいるかとの問いに答えるにあたり、DXが必要とされる背景が関係しているのかを分析しました。 DXとマーケティン … 詳しく読む

技術ブログを更新しました。データ活用のあるあるパターンを分析するシリーズの続きです。今回は、需要予測AIを例にして、あるあるパターンの枠組みに当てはまるかどうかを分析しました。 業務プロセスとデータの枠組み3:需要予AI

技術ブログ更新しました。デジタルトランスフォーメーションとマーケティングの関係を分析するシリーズの18回目となります。今回は、事業の定義行う上で必要な問いである、顧客は誰かというものとDXの背景が関係するかどうかを分析し … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。デジタルトランスフォーメーションとマーケティングとの関係を探っていくシリーズの17回目となります。今回は、事業の定義を行うにあたり考慮すべき事柄とDXが必要とされている背景との関係を分析しました。 … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。データサイエンティストを目指す方向けに「資格」の必要性についてお答えしています。 データサイエンティストを目指すためにはどんな資格が必要ですか?

技術ブログ更新しました。DXとマーケティングの関係を分析していくシリーズの16回目となります。今回は、経営とDXの関係を深堀りしていく続きとなります。 DXとマーケティングその16:「われわれの事業は何になるか、何である … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。業務プロセスとデータとの関係を中心に、データ活用を考えるのに役立つような枠組みを考えていく記事となります。 業務プロセスとデータの枠組み

技術ブログ更新しました。今回は、Webサイト情報取得関連の一例とした活用術をご紹介したいと思います。RPAを使い、あるWebサイトから情報を自動取得し、他のWebサイトへアップロードするような例となります。 【RPA・A … 詳しく読む

技術ブログを更新しました。DXとマーケティングを考えるシリーズとして、事業の定義とDXとの関係を探る内容となります。ドラッカーによれば、企業の目的は顧客の創造であり、そして、企業は顧客の創造のために、マーケティングとイノ … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。よくある請求関連業務でのRPAの活用例を紹介しています。 【RPA・AI-OCR活用術】#3 支払通知書作成業務(請求関連業務)

技術ブログ更新しました。DXと経営がどのように関係するのかを分析しています。 DXとマーケティングその14:経営とDXとマーケティング  

技術ブログ更新しました。学生向けの記事となります。「文系の学部・学科でもデータサイエンティストを目指せるのか」について解説しています。 【学生さん向け】理系しかデータサイエンティストになれませんか?

技術ブログ更新しました。記事内容は、プログラミング未経験者がRPA開発を始める前の3つの心構えを紹介する内容となっています。 ~私、挫折しません~プログラミング未経験がRPA開発を始める前の3つの心構え

技術ブログを更新しました。DXとマーケティングの関係を分析する連載の13回目の記事となります。今回は、『デザインドフォー・デジタル』というDX関連の書籍をもとにマーケティングとの関係を調べてみました。 DXとマーケティン … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。「AI-OCR」について、RPA導入を見据えた実践方法を交えながら解説しています。 【DXと業務効率化~RPAとBPR~】#4 AI-OCRとは  

技術ブログ更新しました。高校生の方向けにデータサイエンス学部または、データサイエンスを学べる大学について紹介する記事となっています。もう一つは、GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)の模擬問題を紹介していま … 詳しく読む

デジタルトランスフォーメーションとは デジタルトランスフォーメーション(DX: Digital Transformation)には、様々な定義がある。トランスフォーメーションは変革と訳され、ビジネスにおいては、何らかを対 … 詳しく読む

技術ブログ更新しました。MicrosoftのRPA「Power Automate Desktop」の概要についてです。少し前にPower Automate Desktopが無料で使えるとの発表がありました。興味のある方は … 詳しく読む

技術ブログを更新しました。DXとマーケティングの関係を分析していくシリーズの12回目となります。今回は、DX実行のプロセスとマーケティングのプランニングプロセスを見ていきます。 DXとマーケティングその12:DX実行のプ … 詳しく読む

技術ブログを更新しました。今回は、「ふるさと納税」を事例にし、受発注対応業務をRPAで活用する術を解説しています。 ・【RPA・AI-OCR活用術】#2 ふるさと納税を事例にした受発注対応業務 事例紹介のページもあります … 詳しく読む

技術ブログを更新しました。RPAとAIのOCRを活用して、コロナワクチン接種対応業務の効率化を行う事例の紹介となります。 【RPA・AI-OCR活用術】#1 コロナワクチン接種対応業務

技術ブログを更新しました。DXの実行のプロセスとマーケティングにおけるプロセスを見比べながら、互いにどのような関係があるのかを分析しています。 DXとマーケティングその11:DX実行のプロセスとマーケティングのプロセス

技術ブログを更新しました。「DXと業務効率化~RPAとBPR~」というテーマでの連載3回目となります。「業務マニュアルの作成」について、RPA導入を見据えた実践方法を交えながらご紹介します。 【DXと業務効率化~RPAと … 詳しく読む

技術ブログを更新しました。BPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)の一つである「業務の可視化」について、概要と実践方法を交えながら解説する内容となっています。 ・【DXと業務効率化~RPAとBPR~】#2 業務の可 … 詳しく読む

技術ブログを更新しました。DXとマーケティングの関係を分析するシリーズの10回目となります。 ・DXとマーケティングその10:マーケティングにおける戦略的コンセプト

分析屋の技術ブログを更新しました。RPAの内容となります。以下のリンクからお読みください。 【DXと業務効率化~RPAとBPR┃#1 RPAとは?】 DX(デジタルトランスフォーメーション)に向けた取組みとして、「業務効 … 詳しく読む

技術ブログに以下の記事を追加しました。デジタルトランスフォーメーションとマーケティング、グーグルアナリティクス関連の記事となります。・DXとマーケティングその9:『マーケティング大原則』より・GAIQの模擬問題載せてみる … 詳しく読む

3.R言語による推測統計 〜検定〜推測統計とは、 全体から一部を抜き取って、その一部の特徴から全体の特徴を推測し、そこで得られた結果が正しいかどうかを確認する統計のことをいう。※統計学では、全体のことを母集団、その一部を … 詳しく読む

2.R言語による記述統計記述統計とは、統計の手法のひとつで、 与えられたデータがどのように分布しているかを検討するために表やグラフを表示し、 データの示す傾向や性質を把握する手法のことである。では、早速Rに用意されている … 詳しく読む

1.Rとは R は統計解析ソフトである。 他の統計解析ソフトとしては有名なものでSASやSPSSが上げることができるが、 これらはとても高価である。 Rは無料で使用でき、Windows、Mac OS、Linuxと様々なO … 詳しく読む

「まずは何が知りたいのかを知る」データマイニングとは、大量のデータから何らかの法則性を発見するために実施します。 そのデータ分析の目的によって様々な手法が存在するため、 まず、自分たちがどのような問題を解決するために、デ … 詳しく読む

データマイニングと従来の統計解析には、同じところや重複する部分が、かなりあります。 では、データマイニングと統計処理における大きな違いは、どこにあるかといいますと、それは「データの量」にあります。 データマイニングでは、 … 詳しく読む

データマイニングという言葉をご存知でしょうか。「ビックデータ元年」と言われている2012年から、 ビックデータと共によく聞かれるようになりました。なぜ、いきなりこれらの言葉が聞かれるようになったかというと、 ICT技術の … 詳しく読む

最近皆さんはディープラーニングあるいは深層学習という言葉をちょこちょこ聞くようになって きていませんか?インターネットでディープラーニングを検索すると、Googleや Facebook、Appleなど名だたるIT企業をは … 詳しく読む

機械学習の種類 機械学習は大きく分けて識別関数、識別モデル、生成モデルという3つのアプローチがあります。◇識別関数:入力データを見て、特定のクラスに属するよう識別 —代表的な手法 ・パーセプトロン ・サポート … 詳しく読む

機械学習とはパターン認識とは、「何らかの入力が与えられたときに、 その入力パターンを解析して適切なカテゴリに分けること」です。 例を挙げると分かりやすいので、身近な例をいくつか紹介します。・スパムメールの検知 メールを受 … 詳しく読む

多変量解析と聞くと、主成分分析やら、回帰分析、判別分析、クラスター分析等よく聞く名前が 上がってきます。 今回、ここでご紹介するのは、回帰分析の部分にしたいと思います。 分析するうえで、上記の内容はそれぞれ重要なことでは … 詳しく読む

数量化一類 質的データ(カテゴリーデータ)から数量データを予測することができる。 例:天気、曜日、イベント有無から遊園地の来場者数を予測する。 重回帰分析 数量化一類と同じような内容で、重回帰分析の場合は、数量データを使 … 詳しく読む

「多変量解析」という言葉を聞いたとき、何を想像するでしょうか? やってみたいけど、難しそう。勉強するのに時間がかかる。いろいろなことを考えられると思います。 正直に言います。「多変量解析」という分析手法は難しいです。会得 … 詳しく読む

データ分析を行う際に、データを単体として見ていると、 せっかくデータが持っている、幅広い側面を見落としてしまうことがあります。 その結果、気づけることに気づけなかったり、間違った方向に分析結果が導かれてしまいます。 デー … 詳しく読む

データ分析とは 最近になって、データ収集に熱心な企業が多くなってきたように見受けられます。 身近なところでは、コンビニのレジなどでもデータ収集を行っています。 会計時に店員が、レジで客の性別、年代、買った商品の詳細をデー … 詳しく読む

1.統計学とは wikipediaによると 統計学は、経験的に得られたバラツキのあるデータから、応用数学の手法を用いて数値上の性質や規則性あるいは不規則性を見いだす。統計的手法は、実験計画、データの要約や解釈を行う上での … 詳しく読む

マーケティングという言葉を良く耳にしますが、マーケティングとはどういう意味なのでしょうか。 スペルは「Marketing」。Marketをing(動かすあるいは創りだす)するということですね。 日本マーケティング協会によ … 詳しく読む

身近な機械学習 ここでは、機械学習が良く使われている例をご紹介します。・スパムメールの検知 メールを受信すると、どれがスパムでどれがそうでないかを識別します。この問題のモデルがあれば、プログラムがスパムでない電子メールを … 詳しく読む

個人情報利用目的等通知書

当社は、「分析で社会を豊かに」を企業理念として、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守致します。 また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言致します。

  1. 当社はデータ分析等に関する事業、並びに従業員の雇用、人事管理等において取扱う個人情報について、適切な取得・利用及び提供をし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないための措置を講じます。
  2. 当社は個人情報の目的外利用を防止するため、必要な対策を講じる手順を確立し、 実施し、維持します。
  3. 当社は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守致します。
  4. 当社は個人情報の漏えい、滅失、き損などのリスクに対しては、合理的な安全対策を講じて防止すべく、事業の実情に合致した経営資源を注入し、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また、万一の際には速やかに是正措置を講じます。
  5. 当社は個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に対応致します。
  6. 個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

 

【個人情報に関する苦情・相談窓口】 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢484-1 藤沢アンバービル4階 株式会社分析屋 個人情報相談窓口 メールアドレス:privacy@analytics-jp.com TEL:0466-90-3288 (受付時間 月曜~金曜 9:00~18:00) FAX:0466-90-3289

×

Notice of the Purpose of Use of Personal Information

For Candidates

Tricor K.K.
Personal Information Protection Manager
Naoto Kira, Managing Director
(Contact: Same as for Inquires)

 

This is to notify the purpose of use of personal information to candidates of employment. Please consent to the notice and apply for the position.

1. Acquisition, store and use of personal information
Our company shall use candidates’ personal information only for the purpose of determining employment and making contact.
2. Protection of personal information
Our company shall take the necessary and proper measures for the prevention of leakage, loss or damage of personal information.
3. Provision of personal information to a third party
Other than cases in which the provision of personal information is based on laws, we shall not provide personal information to a third party.
4. Entrustment of personal information
Our company may entrust the handling of personal information to other company.
5. Right of the person concerning personal information
Our company can respond to all of requests for the purpose of use, disclosure, correction of content, addition or deletion, stopping use, erasing, and stopping provision to a third party.
6. Voluntariness of the person’s provision of personal information
The personal information other than full name, address, birth date, sex, history of employment and contact information are voluntary. However, in the case where the information is not provided, we shall not be able to take them into account when determining which candidates to hire.
7. Return or disposal of personal information
In the case where we have to decline your employment, we shall dispose the documents provided in an appropriate manner.
8. Contact for Inquiry
If you would request for the notice of purpose of use, disclosure, correction of content,and stopping of use of personal information or for any other questions, please contact us as below.

 

106-0047
Oak Minami-azabu Building 2F
3-19-23 Minami-Azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan
Tricor K.K.
PMS Management Office
Tel: 03-4580-2700
Fax: 03-4580-2701
Email: privacy@jp.tricorglobal.com

×